結果は復路、総合優勝記録更新の青山学院大学

新年早々、1月2と3日に行われる箱根駅伝。
昨年と同様、青学の一人勝ちでしょ、と思いながら見ていた人も多いはず。
だけど、今年は往路に1番で来たのが東洋大学。
青学にとったら、悔しい復路で逆転をかける勝負試合。
東洋にとっては貯金を活かした、往路復路の優勝を目標に、と見所満載。

そして復路。
やってきました、青学。
出発の時から、貯金30秒は少ないな、と思ってましたが、すーっと抜いていく青学。
結局そのまま青学が独走をキープし、復路・総合優勝に。
青山学院の原監督は勝利コメントでは、にこやかでしたが内心は激おこでしょうね。
どこまでも勝ちに来る、とことん勝負をかけつつ効率的なレース展開を編み出す原監督にとって、
往路2位陥落は許せない結果でしょう。
結果は4連覇でかつ、新タイムの記録の更新。
文句無しですが、貪欲な青学は試合が終わった今日からまた1年後の箱根駅伝に向けて
走りはじめるでしょうね。
「箱根を背にするものは天下を制する」ミュゼ 襟足